People

2018.08.18 UP!

加熱式たばこは 環境にも優しい

SUMMER SONIC 2018の会場には加熱式たばこを使用できるスポットが点在しています。会場を歩く中で気づいたのは、どのスポットを訪れても、煙と灰の姿を見かけないこと。こうした野外フェスのような場所で従来の喫煙所の近くを通ると、風が煙や灰を運んでくるものですが、それがないだけで喫煙所の印象は大きく変わります。IQOSブースのスタッフ兎澤さんにそのことを伝えると

 

「周りの人にはもちろん、環境にも優しいんですよ。紙巻たばことは違い、加熱式たばこは火を使わないので、使用済みたばこスティックは灰は出ないし、水で処理する必要がありません。」との回答。

 

 

「煙のない社会」を体感することができるSUMMER SONIC 20181日目の終盤、お客さんからの反応がどうだったかと兎澤さんに尋ねると「解放的な雰囲気が後を押したのか、今日は多くのお客さんと話をすることができました。本当にそんな社会が来るの? という方もいらっしゃいましたが、飲食店でも分煙化が進んでいることから、そうした日が遠くない感じている方も少なくなかった」そうです

 

兎澤 和史さん

私たちは「煙のない社会」の実現を
目指し活動を続けます。

  • SUMMER SONIC 2018
  • iQos これがすべてを変える。
  • PHILIP MORRIS JAPAN

©2018 Philip Morris Products S.A./Philip Morris Brands SARL

TOP

SUMMER SONIC 2018×IQOS

喫煙は、あなたにとって肺がんの原因の一つとなり、
心筋梗塞・脳卒中の危険性や肺気腫を悪化させる危険性を高めます。
未成年者の喫煙は、健康に対する悪影響やたばこへの依存をより強めます。
周りの人から勧められても決して吸ってはいけません。
人により程度は異なりますが、ニコチンにより喫煙への依存が生じます。

あなたは日本在住の満20歳以上の成人ですか?

はい

いいえ

申し訳ありません。

未成年の方は、
このサイトを閲覧することはできません。

閉じる